ホーム > 社会福祉協議会 > 赤い羽根共同募金
  赤い羽根共同募金
赤い羽根共同募金とは?
 共同募金は、戦後間もない1947年(昭和22年)に、市民が主体の民間運動として始まりました。
 当初、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。
 社会の変化のなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として、取り組まれています。
 12月に実施する歳末たすけあい募金も共同募金の一環です。
赤い羽根共同募金のしくみは?
 東区内で皆さまからお寄せいただいた募金の約8割が東区の地域福祉の向上に、約2割が愛知県内の福祉施設の整備等のための貴重な財源として役立てられます。
赤い羽根共同募金の使われ方は?
 集まった共同募金は、このような事業に使われます。
 ◆地域福祉推進のために
地域福祉推進協議会活動の支援、ふれあい給食サービス事業の支援、
ふれあい・いきいきサロンの支援、ボランティア団体への活動応援助成等
 ◆高齢者のために
老人クラブ活動の支援、寝具クリーニングサービス事業の実施、学区敬老行事の支援等
 ◆子どもたちのために
子ども会活動の支援、保育協会の支援、少年補導委員会の支援等
 ◆障がいがある方のために
広報紙等の音訳・点訳サービスの実施、身体障がい者スポーツ大会参加の支援、
知的障がい者クリスマス会の支援等
 ◆共同募金運動推進のために
共同募金運動資材費、赤い羽根協賛児童生徒作品コンクール等

 赤い羽根募金のつかいみちは、赤い羽根データベース「はねっと」をぜひご覧ください♪
  https://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/homePref?data.prefCd=0023


当ページに関するお問い合わせ
 名古屋市東区共同募金委員会
 (東区社会福祉協議会内)
 電話番号:052-932-8204
 ファックス番号:052-932-9311